工事、契約、月額、返却が不要! ギガを買って即インターネット

NURO光でパケットロスが起こる原因と解決方法を詳しく解説

この記事でお伝えする内容
  • NURO光のパケロスの解決方法
  • パケロスが起こっているかどうかの調べ方
  • NURO光のパケロスの主な原因

注意喚起

光回線選びは慎重に

通信事業者一覧

解約の電話番号

以下の記事ではauひかりからNURO光に変えると速くなり、逆にNURO光からauひかりに変えると速くなる理由をまとめました。

目次

NURO光のパケロスの解決方法

以下では、NURO光のパケットロスを解決するためのさまざまな方法をハードウェアソフトウェアネットワークの3つ観点から解説していきます。

パケロスの解決方法(ハードウェア編)

  • ルーターとモデムの再起動
  • イーサネットケーブルの確認
  • 接続方法の変更
  • ネットワーク機器やゲーム機器の確認

解決方法1

ルーターとモデムの再起動

電源を一度オフにした後、数分間待ち、再度オンにすることで一時的な不具合や過度な負荷がクリアされる場合があります。

再起動はトラブルシューティングの基本であり、キャッシュや一時データをクリアして一時的な不具合を解決する効果があります。

特に、長時間稼働しているとメモリリークや過度なキャッシュにより性能が低下する場合がありますが、再起動によってそれらの要素をリセットできます。

解決方法2

イーサネットケーブルの確認

ケーブルに傷や折れがないか確認します。

破損が見られる場合は新しいケーブルに交換します。

ケーブルに物理的な損傷があると、信号の伝送が不安定になることがあります。

これがパケットロスの原因となる場合もあるため、破損しているケーブルは新しいものに交換することで、安定したデータ転送が行えます。

パケットロスに強いイーサネットケーブルは、通常、品質が高く、耐久性があり、帯域幅が広いものです。

具体的には、以下のような特徴を持つケーブルが有用です。

カテゴリ6(Cat6)以上

Cat6やCat7などのカテゴリが高いケーブルは、データ転送速度が速く信号劣化が少ないです。

シールド付き

電磁干渉からケーブルを保護するためにシールドが施されているケーブルがおすすめ。

高品質な素材

銅線が多く使われることが多いですが、純度が高いと信号劣化が少ないです。

認知度が高い製品

知名度のあるメーカーからの、一定の品質基準をクリアした製品を選ぶことが推奨されます。

(サンワプライ、エレコムなど)

LANケーブルはカテゴリと呼ばれる規格で分けられていて、ケーブルの側面に「CAT」という文字列で表記されています。

カテゴリ通信速度周波数帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6e10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz

CAT5のケーブルを使用していると、最大で100Mbpsの通信速度しか出せませんが、CAT6に買い替えれば1Gbps(ベストエフォート)の速度を出すことが可能です。

また、CAT5eとCAT6は通信速度が同じ1Gbpsですが、周波数帯域がCAT6の方が高くなっています。

周波数帯域が高くなると一度に送れるデータ量が増えるため、パケットロスを減らせます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

解決方法3

無線接続から有線接続に変える

無線接続の場合、壁や他の電子機器との干渉が発生したり、距離が離れることで信号が弱くなり、パケットロスが頻発する可能性があります。

これは、無線信号が物理的な障害物や他の無線信号と干渉して劣化する性質があるからです。

一方で、有線接続に切り替えると、上記のような無線信号の劣化が原因で起きるパケットロスが大幅に軽減されます。

有線接続では物理的なケーブルがデータを伝送するので、無線接続で起こり得る信号の干渉や減衰は発生しません。

解決方法4

ネットワーク機器やゲーム機器の確認

パソコンやゲーム機などのハードウェアの性能が低い、または設定が不適切な場合、データの処理速度が遅くなり結果としてパケットロスが発生する可能性があります。

設定やハードウェアの仕様を確認し、不具合が疑われる場合は適切な設定変更やハードウェアのアップグレードを行うことで、パケットロスを減らすことができます。

まずはメーカーの公式サイトやマニュアルを参照して設定やアップデート方法を確認しましょう

パケロスの解決方法(ソフトウェア編)

  • ルーターのファームウェアの確認と更新
  • ウイルス対策ソフトウェアでフルスキャンを行う
  • 不要なバックグラウンドアプリを終了させる
  • ネットワークドライバーが最新であるか確認し、必要であれば更新
  • 接続先のサーバーを変更する

解決方法1

ルーターのファームウェアの確認と更新

メーカー公式サイトで、最新のファームウェア情報を確認します。

古いファームウェアはセキュリティの脆弱性や性能の不具合を抱える可能性があります。

最新のファームウェアに更新することで、それらの問題を解消し、パケットロスが減少する場合があります。

ファームウェアの更新方法

解決方法2

ウイルス対策ソフトウェアでフルスキャンを行う

マルウェアやウイルスは、ネットワークトラフィックを不正に増加させることがあります。

これにより、ネットワークの帯域幅が過剰に消費され、結果としてパケットロスが発生することがあります。

ウイルス対策ソフトウェアでフルスキャンを実施することで、これらの悪意あるプログラムを検出して除去し、ネットワークパフォーマンスを改善することができます。

解決方法3

不要なバックグラウンドアプリを終了させる

バックグラウンドで動作しているアプリケーションは、システムリソースを消費し、ネットワーク帯域を使用するものがあれば、その使用がパケットロスの原因になることがあります。

ネットワーク帯域が限られている環境では、不要なバックグラウンドプロセスを終了させることで、利用可能な帯域を確保し、パケットロスを減少させる効果が期待できます。

解決方法4

ネットワークドライバーが最新であるか確認し、必要であれば更新

ネットワークドライバーは、コンピュータがネットワークと通信するために必要なソフトウェアです。

ドライバーが古い、または不具合を抱えている場合、インターネット接続の速度が遅くなったり、接続が不安定になる原因となります。

最新のドライバーに更新することで、高速で安定した状態に改善します。

ネットワークドライバーを更新する方法

WindowsOSの場合
タップして見る

1. Windows Updateで更新する

Windows Updateは、Windowsオペレーティングシステムとデバイスドライバーを自動的に更新する機能です。

ネットワークドライバーも、Windows Updateで更新することができます。

手順

  1. スタートメニューを開きます。
  2. 設定をクリックします。
  3. 更新とセキュリティを選択します。
  4. Windows Updateを選択します。
  5. 更新の確認をクリックします。
  6. Windows Updateで利用可能な更新プログラムが表示されます。ネットワークアダプターのドライバーがある場合は、今すぐインストールをクリックしてインストールします。
  7. PCを再起動します。

2. デバイスマネージャーで更新する

デバイスマネージャーは、Windowsにインストールされているデバイスを管理するツールです。

ネットワークドライバーも、デバイスマネージャーで更新することができます。

手順

  1. スタートメニューを右クリックします。
  2. デバイスマネージャーを選択します。
  3. ネットワークアダプターをダブルクリックします。
  4. 更新したいネットワークアダプターを右クリックします。
  5. ドライバーの更新を選択します。
  6. ドライバーを自動的に検索を選択します。
  7. Windowsが最新のドライバーを検索してインストールします。
  8. PCを再起動します。

3. メーカーのウェブサイトからダウンロードして更新する

ネットワークアダプターのメーカーのウェブサイトから、最新のドライバーをダウンロードしてインストールすることもできます。

手順

  1. ネットワークアダプターのメーカーのウェブサイトにアクセスします。
  2. お使いのネットワークアダプターのモデルを選択します。
  3. ダウンロードタブをクリックします。
  4. お使いのオペレーティングシステムに対応したドライバーをダウンロードします。
  5. ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。
  6. PCを再起動します。

注意事項

  • ネットワークドライバーを更新する前に、必ずPCをバックアップしておいてください。
  • ネットワークドライバーを更新すると、問題が発生する場合があります。問題が発生した場合は、以前のバージョンのドライバーに戻してください。
  • ネットワークドライバーの更新に自信がない場合は、パソコン修理業者に依頼することをおすすめします。
MacOSの場合
タップして見る

macOSアップデートで更新する

macOSアップデートは、macOSオペレーティングシステムとデバイスドライバーを自動的に更新する機能です。ネットワークドライバーも、macOSアップデートで更新することができます。

手順

  1. アップルメニューをクリックします。
  2. システム環境設定を選択します。
  3. ソフトウェアアップデートを選択します。
  4. アップデートの確認をクリックします。
  5. macOSアップデートで利用可能な更新プログラムが表示されます。ネットワークアダプターのドライバーがある場合は、今すぐインストールをクリックしてインストールします。
  6. Macを再起動します。

アップデートが見つからない場合

アップデートが自動的に見つからない場合、以下の手順を試してください。

  • システムを再起動してから再度チェック: 一部のアップデートはシステムを再起動することで初めて確認できるようになる場合があります。
  • インターネット接続の確認: インターネットに正しく接続されていることを確認してください。接続が不安定な場合は、アップデートの確認ができないことがあります。

解決方法5

接続先のサーバーを変更する

サーバー側に問題がある場合、サーバーへのアクセスが遅くなったり、通信が途切れたりすることが考えられます。

多くのユーザーが一斉に同じサーバーに同時に接続しようとすると、サーバー側でそのリクエストを捌ききれなくなることがあります。

そういった状況を避けるため、接続先のサーバーを変更することで、スムーズなネットワーク通信を回復させることが期待できます。

接続先のサーバーを変更する方法は、利用しているサービスやアプリケーションによって異なりますが、以下に一般的な手法をいくつか挙げます。

データベースの接続先を変更、プロキシサーバーの設定を変更するのは慣れないと難しいので、それ以外の方法を試すのをオススメします。

接続先のサーバーを変更する方法

DNS設定の変更

この操作はオペレーティングシステムやルーターの設定画面で行います。

具体的には、Windowsでは「ネットワークとインターネット設定」、macOSでは「システム環境設定」内の「ネットワーク」からDNS設定を変更できます。

一般的な公開DNSはGoogleの「8.8.8.8」やCloudflareの「1.1.1.1」です。

Windowsの場合
タップして見る
  1. スタートメニューを開きます。
  2. 設定を選択します。
  3. ネットワークとインターネットを選択します。
  4. Wi-Fiまたはイーサネットを選択します。
  5. 詳細設定を選択します。
  6. DNSを選択します。
  7. IPv4またはIPv6を選択します。
  8. DNSサーバーを追加をクリックします。
  9. 新しいDNSサーバーのIPアドレスを入力します。
  10. OKをクリックします。
MacOSの場合
タップして見る
  1. アップルメニューをクリックします。
  2. システム環境設定を選択します。
  3. ネットワークを選択します。
  4. 使用しているネットワーク接続を選択します。
  5. 詳細をクリックします。
  6. DNSタブを選択します。
  7. +ボタンをクリックします。
  8. 新しいDNSサーバーのIPアドレスを入力します。
  9. OKをクリックします。
ルーターの場合
タップして見る

ルーターの設定画面にアクセスして、DNS設定を変更する必要があります。

設定画面へのアクセス方法は、ルーターの機種によって異なりますので、取扱説明書を確認ください。

代表的な公開DNS
タップして見る
  • Google: 8.8.8.8, 8.8.4.4
  • Cloudflare: 1.1.1.1, 1.1.1.2
  • OpenDNS: 208.67.222.222, 208.67.228.228
  • Quad9: 9.9.9.9, 14.14.14.14

Google Public DNS

  • IPアドレス: 8.8.8.8, 8.8.4.4
  • Googleが提供するパブリックDNSサービスで、高速で信頼性が高く、セキュリティも強化されています。

Cloudflare

  • IPアドレス: 1.1.1.1, 1.1.1.2
  • Cloudflareはプライバシーを重視したDNSサービスを提供しており、「1.1.1.1」はインターネット上で最も速いレスポンス速度です。また、「1.1.1.2」はマルウェアブロッキング機能付きです。

OpenDNS

  • IPアドレス: 208.67.222.222, 208.67.228.228
  • OpenDNSはセキュリティとカスタマイズ性を重視したDNSサービスを提供し、特に企業向けに多くの機能を提供しています。

Quad9

  • IPアドレス: 9.9.9.9, 14.14.14.14
  • Quad9はセキュリティに特化したDNSサービスで、特にマルウェアやフィッシング攻撃からユーザーを保護するための機能が備わっています。

接続先のサーバーを変更する方法

VPN利用

VPN(Virtual Private Network)はパケットロスを解決する一つの方法として利用できます。

VPNを利用することで、インターネットトラフィックを異なるルートにリダイレクトし、接続先のサーバーを変更することが可能です。

これにより、混雑しているサーバーや品質の悪い接続経路を避けて、より安定した通信に接続できます。

安全でおすすめのVPN
NordVPN

セキュリティに特に優れています。

ダブルVPN、オニオンルーター、サイバーセキュリティスイートなどの高度な機能を提供しているため、プライバシー保護に非常に力を入れています。

また、多数のサーバーを設置しているため、地理的制限を迂回するのにも効果的です。

ここから詳細を見る

\ 海外からでも制限なしでアクセス /

MillenVPN

大手レンタルサーバーのmixhostのVPNサービスです。

スピードと使いやすさで人気があります。

MillenVPNは非常に高速なサーバーを提供しており、ストリーミングやオンラインゲームに最適です。

さらに、操作性の高いインターフェースと高度なセキュリティ機能を持っています。

ここから詳細を見る

30日間返金保証付き

VPN利用の手順
STEP
VPNサービスを選ぶ

信頼性のあるVPNサービスプロバイダを選びます。

上記で紹介したプロバイダがおすすめです。

STEP
サブスクリプションを購入する

VPNサービスは無料で利用できますが、多くの場合は月額または年額で料金が発生します。

選んだサービスのウェブサイトでサブスクリプションを購入します。

STEP
ソフトウェアをダウンロード&インストール

プロバイダのウェブサイトやアプリストアからVPNクライアントソフトウェアをダウンロードし、インストールします。

STEP
ログイン

インストールが完了したら、ソフトウェアを起動して先ほど登録したアカウントでログインします。

STEP
サーバーを選ぶ

VPNは世界中の地域にサーバーがあるので、接続したい地域や国を選びます。

例えばアメリカにいるかのようにインターネットを利用したい場合、アメリカにあるサーバーを選びます。

STEP
接続

選択したサーバーに「接続」ボタンを押して接続します。

これで、インターネットに出る前にそのサーバーを経由するようになります。

STEP
確認

接続が成功したら、ブラウザで自分のIPアドレスを確認するなどして、接続がちゃんとできているかを確認します。

接続先のサーバーを変更する方法

データベース接続の場合

通常、データベースへの接続は特定の接続文字列や設定ファイルに定義されています。

たとえば、MySQLの場合、my.cnfという設定ファイルでサーバーのアドレスが指定されていることが多いです。

この設定ファイルを編集することで、別のデータベースサーバーに接続することができます。

設定を変更した後は、サービスを再起動を必要とする場合があります。

データベースの接続先を変更する際の一般的な手順は以下の通りです。

ここではMySQLの設定ファイルmy.cnf(またはmy.ini)を例にします。

データベースの接続先を変更する手順
STEP
設定ファイルを探す

my.cnf(LinuxやmacOS)またはmy.ini(Windows)ファイルの場所を特定します。

このファイルはMySQLがインストールされたディレクトリ内、あるいは/etc/mysql//usr/local/mysql/etc/などに格納されている場合が多いです。

STEP
バックアップを取る

念のため、設定ファイルのバックアップを取ります。

何か問題が発生した場合に元の設定に戻すことができます。

STEP
設定ファイルを編集

テキストエディタを使ってmy.cnfまたはmy.iniファイルを開きます。

そして、[mysqld]セクションにあるbind-addresshostの項目を新しいデータベースサーバーのIPアドレスやホスト名に変更します。

  • cssCopy code[mysqld] bind-address = 新しいIPアドレス
  • csharpCopy code[client] host = 新しいホスト名
STEP
設定を保存と適用

変更を加えたら、ファイルを保存して閉じます。

STEP
サービスの再起動

設定を適用するためにMySQLサービスを再起動します。

これは通常、コマンドラインから以下のようなコマンドで行います。

  • Linux(systemdを使用している場合)
    • sudo systemctl restart mysql
  • macOS(Homebrewでインストールした場合)
    • brew services restart mysql
  • Windows
    • net stop MySQL net start MySQL

以上の手順で、新しいデータベースサーバーへの接続設定が完了します。

最後に、アプリケーションやシステムが新しいデータベースサーバーに正常に接続できるかを確認してください。

もし何らかの問題があれば、エラーログを確認することで多くの場合は問題を診断できます。

接続先のサーバーを変更する方法

プロキシサーバーを利用している場合

プロキシサーバーの設定は通常、インターネットオプションやネットワーク設定内で行います。

たとえば、Windowsでは「インターネットオプション」内の「LAN設定」から、またはMacでは「システム環境設定」の「ネットワーク」からプロキシ設定を変更できます。

設定を変更した後は、新しいプロキシサーバーに適切に接続されているか確認が必要です。

プロキシサーバーの設定を変更する方法

Windowsの場合
  1. コントロールパネル」を開きます。
  2. ネットワークとインターネット」をクリックします。
  3. インターネットオプション」をクリックします。
  4. 新しく開いたウィンドウで「接続」タブを選びます。
  5. LAN設定」ボタンをクリックします。
  6. ここで「プロキシサーバーを使用する」にチェックを入れ、アドレスとポートを入力します。
  7. OKをクリックして、設定を保存します
Macの場合
  1. システム環境設定」を開きます。
  2. ネットワーク」をクリックします。
  3. 接続を使用しているネットワークインターフェース(通常はWi-FiまたはEthernet)を選びます。
  4. 詳細」ボタンをクリックします。
  5. プロキシ」タブを選びます。
  6. ここで、使用するプロキシタイプ(HTTPまたはHTTPSなど)を選び、アドレスとポートを入力します。
  7. OKと適用(Apply)をクリックして、設定を保存します。

プロキシサーバーのアドレスとポートは、利用するプロキシサーバーの情報に基づいて設定する必要があります。

正確なアドレスとポート番号は、プロキシサーバーの業者から通知されます。

アドレスは通常、IPアドレス形式(例:192.168.0.1)かドメイン名形式(例:proxy.example.com)で、ポートは通常は数値(例:8080、3128など)で指定されます。

もし無効なアドレスやポート番号を入力した場合、インターネットに接続できなくなる可能性が高いです。

そのため設定を行う際には注意が必要です。

実際の設定手順は、利用しているオペレーティングシステムやブラウザによって異なりますが、基本的には「インターネットオプション」や「ネットワーク設定」内でプロキシ設定を行います。

具体的には、Windowsであれば「インターネットオプション」の「LAN設定」から、Macでは「システム環境設定」の「ネットワーク」から設定できます。

「プロキシサーバーを使用する」にチェックを入れ、正確なアドレスとポート番号を入力します。

パケットロスに強い光回線にする(ネットワーク編)

NURO光でパケットロスが解決しない場合、別の回線に乗り換えることも一案です。

パケロスの問題が継続していて他の解決策が効果を示していない場合、回線そのものが原因である可能性が高く、乗り換えは合理的な選択といえるでしょう。

回線の乗り換え検討ライン

  • 継続的に問題が続く
    • 同じ回線でパケットロスが繰り返し発生し、それが解消しない場合、回線そのものが原因である可能性が高いです。
  • 他の解決策が効果なし
    • 回線設定の調整やハードウェアの交換など、他の方法で問題が改善しなかった場合、根本的な解決を求めるなら回線の変更が考慮されます。
  • 品質の確保
    • 新しい回線が以前のものよりも高品質であれば、その回線に乗り換えることで通信環境が全体的に改善されるケースがあります。

パケロスに強い光回線の選び方

高い帯域幅

高い帯域幅を持つ光回線は、多くのデータや多くのデバイスがネットワークを使う状況でも安定しています。

最低でも50Mbps以上のダウンロード速度が望ましく、100Mbps以上が理想的です。

低遅延

遅延が少ない回線は、パケットロスが少なく、特にゲームやストリーミングに適しています。この指標もISPから通常提供されます。

平均遅延時間: 20ms以下が望ましく、オンラインゲームをする場合は10ms以下が理想的です。

品質サービス(QoS)

QoS機能が光回線に含まれているかどうかを確認します。

QoSは特定の種類のデータ通信(例:VoIP、ゲーム)に優先度を与えることができ、全体の通信品質を向上させます。

トラフィック管理

プロバイダがどのようにトラフィックを管理しているかも重要です。

一部のプロバイダはピーク時にトラフィックを制限することがあり、これがパケットロスの原因になる場合もあります。

プロバイダが24時間安定したサービスを提供している場合、ピーク時間でもパフォーマンスが落ちにくいです。

おすすめは超高速光回線【Fon光】

Fon光はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供している2Gの回線を利用した高速の光ファイバーサービスです。

個人宅向け商用FTTHサービスとしては高速の、下り最大2Gbpsの高速回線を実現。

動画や音楽コンテンツファイルのダウンロード、ストリーミングサービス、ブラウジングもストレスなく快適に利用できます。

こんな方におすすめ
  • データ容量を気にせずスマホやパソコンを利用したい
  • 回線速度が重要なオンラインゲームを楽しみたい
  • 動画ストリーミングをストレスなく視聴したい
  • 初期費用を抑えて光回線を導入したい

他社と比較した平均Ping値

スクロールできます
企業Fon光A社B社C社D社
平均Ping値11.5ミリ秒(ms)14.518.6920.6723.56

お申し込みはここから

\ 工事費無料 /

NURO光のパケロスの問題点

NURO光は高速なインターネット接続サービスの一つですが、ユーザーの中にはパケットロス(通称パケロス)の問題に遭遇するケースもあるようです。

この問題はインターネットの品質に影響を与え、特にゲームやリアルタイムのビデオ通話など、安定した接続が必要な時に顕著になります。

パケットロス(パケロス)とは?

インターネットで情報が送受信される際、その情報は小さなデータのかたまり、いわゆる「パケット」として分割されます。

パケットロスとは文字通り、パケットが途中で失われる現象を指します。

具体的には、一つの大きなファイルやウェブページを送信するとき、その大きなデータは数バイトから数キロバイトの小さなデータ「パケット」に分けられます。

それぞれの小さなパケットは、インターネットを通じて目的地に送られるわけですが、その途中で失われることがあるのです。

このようなパケットの消失は、ネットワークの混雑や、ルーター、スイッチといったネットワーク機器の性能不足、さらには無線信号の干渉といった要因で発生することが多いです。

ネットワークが混雑していると、多くのデータを一度に送ろうとし、その結果としてパケットが正しく送れない場合があります。

また、ルーターやスイッチの処理能力が不足していると、データを効率よく送ることができずパケットが失われる場合があります。

無線信号の干渉は、他の電子機器から出る信号が原因で発生することが多く、これもパケットロスの原因となります。

パケットロスを手紙と郵便局で例えると

長いメッセージを複数の手紙に分けて送ると想像します。

各手紙が「パケット」に相当します。

それぞれの手紙が郵便局(始点)から出発して、目的地の別の郵便局(終点)に向かいます。

途中で何らかの理由(郵便局の混雑、道路の混雑、通行止め)で手紙が目的地に到達しない場合があります。

この例で言えば、全ての手紙が目的地に到達すれば情報は正確に伝わりますが、一つでも手紙が失われた場合、受取人は完全なメッセージを得られないことになります。

このような状況がネットワークの中でも発生し、その結果としてデータの一部が失われることがパケットロスです。

この届かない手紙が「失われた」現象が「パケットロス」に相当します。

パケロスが発生すると何が起こるのか

パケットロスが発生すると、ネットワーク上でデータが適切に転送されなくなるため、様々な不具合が起こります。

ウェブブラウジングの際には、画像やテキスト、その他のメディアファイルの読み込みに時間がかかることがあります。最悪の場合、ページ自体が表示されないこともあります。

パケットロスが起こると現れる現象

キャラクターの遅延(ラグ)

プレイヤーが入力した操作とキャラクターの動きが一致しない。

例えば、移動の命令を出したのに、キャラクターが動かない、あるいは遅れて動く。

アクションの失敗

攻撃や防御、特技などのコマンドを入力しても、それが反映されない、または大きく遅れることがある。

“Rubber Banding”現象

キャラクターが一定の場所に移動した後、突如として以前の位置に戻ってしまう。

これは、サーバーとクライアント間でのゲームの状態に違いが生じた結果、同期をとるために起こる現象です。

接続の中断

パケットロスが極端に酷い場合、ゲームサーバーとの接続が完全に切れてしまうことがあります。

ゲーム内の不整合

パケットが適切に伝わらないことで、プレイヤーの視点でのゲームの状態とサーバー側での状態が異なることがあります。

同じ場面を見ているはずの他のプレイヤーと、異なる情報を見ていることになります。

ロード時間の増加

新しいマップやエリアへの移動時、ロード時間が通常よりも長くなります。

不公平なプレイ環境

パケットロスの影響を受けているプレイヤーと受けていないプレイヤーとの間で、明確な不利やアドバンテージが生じる可能性があります。

ストリーミングでパケットロスがどの程度発生すると影響が出るのか?

ストリーミングでのパケットロスが影響を及ぼす程度は、ストリーミングの品質、使用しているプロトコル、バッファサイズなどいくつかの要素に依存します。

一般的には、以下のような影響が考えられます。

短時間のパケットロス

1-2秒ごとにわずかなパケットロスが発生した場合、多くのストリーミングサービスはバッファリングを行っているため、すぐに影響は出ません。

中程度のパケットロス

5-10秒に1回、数パーセントのパケットロスが発生する場合、ビデオの画質が低下した、一時停止してバッファリングが始まる可能性があります。

長時間または高頻度のパケットロス

ストリームは頻繁に中断される可能性があり、視聴体験は非常に悪くなるでしょう。

極端なケース

パケットロスが非常に高い場合(例: 10秒に一度以上、10%以上のパケットロス)、ストリーミングはほぼ不可能になるでしょう。

これはあくまで一般的なガイドラインであり、実際の影響は使用しているインターネットの速度、ストリーミングサービスの品質、視聴しているコンテンツの種類によっても変わります。

一般的には、ストリーミングサービスは一定レベルのパケットロスに耐えられるように設計されていますが、その「しきい値」を超えると問題が発生する可能性が高くなります。

パケロスが起こっているかどうかの調べ方

  • ツールを使用した確認方法
  • コマンドプロンプトやターミナルを利用した確認方法
  • 現象からの推測

ツールを使用した確認方法

Wireshark」や「PingPlotter」といった監視ツールは、ネットワークの問題を特定するための人気のある方法です。

Wiresharkはパケットキャプチャツールとして知られ、ネットワーク上でのデータのやり取りを詳細に監視することができます。

Wiresharkのインターフェースは、どのパケットがどのような経路で送受信されたかを表示するので、パケットロスを容易に特定することができます。

\ 無料ツール /

一方、PingPlotterはルートトレースツールです。

特定のサーバーまでのネットワーク経路上で、どのノードでパケットロスが発生しているのかを可視化することができます。

これにより、問題の発生源が自分のネットワーク内なのか、ISPのネットワーク内なのか、それとも目的地のサーバー近くなのかを特定することができます。

これらのツールは無料で提供されているものもあれば、高度な機能を持つ商用版も存在します。

ダウンロードとインストールを行った後、ツールを起動して簡単な設定を行うだけで、ネットワークの状態をモニタリングし始めることができます。

\ 無料ツール /

コマンドプロンプトやターミナルを利用した確認方法

Windowsユーザーは、コマンドプロンプトを使用してネットワークの状態をチェックすることができます。

まず、「スタートメニュー」から「コマンドプロンプト」を検索して開きます。次に、ping [IPアドレスまたはドメイン名]というコマンドを入力します。

Googleの公開DNSに対してpingを送りたい場合、ping 8.8.8.8と入力します。

実行すると、コマンドプロンプトは4つのパケットをそのアドレスに送信し、それぞれのパケットの応答時間をミリ秒単位で表示します。

最後に、4つのパケットの統計情報が表示されるので、送信したパケット数と受信したパケット数を比較することで、パケロスが発生しているかどうかを確認できます。

MacやLinuxユーザーは、ターミナルを使用して同じpingコマンドを利用できます。

ターミナルは、アプリケーションフォルダのユーティリティ内にあります。

操作方法はWindowsのコマンドプロンプトと基本的に同じです。

指定したアドレスに対してpingを送り、受信データを確認してパケロスを検出します。

これらの方法は基本的なもので、高度な診断には限界がありますが、短期間で手軽にネットワーク状態を確認する方法としては有用です。

現象からの推測

ウェブページの読み込みが通常よりも遅い、または完全にタイムアウトしてしまうなどの現象は、パケットロスの可能性を示唆しています。

急にこれらの症状が出始めたときや、決まった時間帯に集中して発生する場合は、パケットロスの可能性が高くなります。

頻度と持続時間に関して言えば、例えば5分間に複数回ウェブページの読み込みが失敗する、またはオンラインゲームで数秒ごとに「ラグ」が発生する場合、パケットロスが疑われます。

ただし、これらの症状は他の要因によっても引き起こされる可能性があります。

ウェブページの読み込みが遅い場合、サーバーが過負荷である可能性もあります。

オンラインゲームでの「ラグ」はゲームサーバー自体の問題や、同時接続ユーザーが多い場合にも発生します。

これらを識別する方法としては、複数のウェブサイトやゲーム、または異なる時間帯で症状が改善するか試してみると良いでしょう。

すべてのウェブサイトで問題が発生する場合や、時間帯に関係なく症状が見られる場合は、問題はおそらく自身のネットワーク接続にあると考えられます。

一方で、特定のウェブサイトだけが遅い、または特定の時間帯だけで問題が起きる場合、その他の外部要因が影響している可能性が高いです。

以上のように、症状とその頻度、持続時間から初步的な判断を下し、その後で症状が他の要因によっても起こり得るのかどうかを調査することが重要です。

NURO光のパケロスの主な原因まとめ

考えられる原因

  • ハードウェアの問題
  • ソフトウェアの問題
  • サーバー側の問題

ここではパケロスが起こる原因を深掘りしていきます。

ハードウェアの問題

ハードウェアの不具合がNURO光でのパケットロスに影響を与えるケースがあります。

考えられるハードウェアは、主にルーター、スイッチ、およびLANケーブルです。

ルーター

ルーターはホームネットワークの中心的存在であり、インターネットとのデータのやり取りを仲介します。

しかし、ルーターの内部コンポーネントが劣化した場合や、過熱による一時的な不調、設定の誤りなどが生じると、データの流れが滞りやすくなります。

特に、ルーターの年数が経過している場合や、長時間の連続使用が続いた場合は、その性能が低下しやすいです。

また、ルーターの内部ソフトウェアが古い場合、最新の通信プロトコルに対応していない可能性があります。

内部の電子回路に問題があるとパケットが適切に処理されずパケットロスが生じます。

スイッチ

スイッチは複数のデバイスを有線接続する際の中継点として機能します。

スイッチの故障や不調は、デバイスとの接続が断絶することが多いです。

また、スイッチのポートが劣化していると、接続されているデバイスの通信速度が低下することも考えられます。

スイッチが適切に動作しない場合もパケットロスの原因になります。

例えば、スイッチ内部のバッファが一杯になると、新しいパケットを受け入れられなくなり、それがパケットロスにつながります。

LANケーブル

LANケーブルは、デバイス間のデータ通信を物理的に繋ぐ役割を持ちます。

しかし、ケーブルが折れ曲げられたり、断線している場合、データの伝送に障害が生じます。

ケーブルの断線や外部からの干渉、接触不良は、不安定な通信やデータのロスを引き起こしやすくなります。


以上のハードウェアの各部分で起こり得る問題点を頭に入れておくことで、トラブルシューティングの際に、どのハードウェアを点検すべきかの指針が立てやすくなります。

注意が必要なのは、これらのハードウェアは互いに関連して動作するので、一つが故障すると他にも影響が出る場合があります。

ですから、問題が発生したら、これらのハードウェアを一つ一つ確認することが重要です。

ソフトウェアの問題

  • ファームウェアの不具合
  • セキュリティソフトウェアの過度なフィルタリング
  • ネットワークドライバの不具合
  • オペレーティングシステムの設定が不適切
  • アプリケーションレベルの問題

ソフトウェアの問題1

ファームウェアの不具合

ルーターやスイッチ内で動作するファームウェアは、デバイス内でのデータのルーティングや通信プロトコルの処理など、多くの基本操作を指示します。

陳腐化したファームウェアがインストールされている場合、そのデバイスは新しいネットワーク規格やセキュリティ機能に適応できない場合があります。

例えば、古いファームウェアは最新の高速通信プロトコルを処理できず、その結果、データパケットは適切な目的地へと送られずに消失することがあります。

さらに、バグが含まれるファームウェアの場合、データパケットが不適切に処理されたり、無効なルーティングテーブルが使用されたりすることで、通信エラーが増大します。

このようなファームウェアの問題が積み重なると、最終的にはネットワーク全体の性能が低下し、データパケットが失われる状況が生じることがあります。

古いまたはバグのあるファームウェアは、ルーターやスイッチでのデータの送受信に問題を引き起こします。

新しい通信方式に対応できなかったり、通信エラーが多くなります。結果として、データが失われることがあります。

ソフトウェアの問題2

セキュリティソフトウェアの過度なフィルタリング

セキュリティソフトウェアは、外部からの悪意ある攻撃やウイルス感染を防ぐ役割を果たします。

このソフトウェアのフィルタリング機能は通常、通信ポートやデータパケットの種類に基づいて動作します。

設定が過度に厳格な場合、正当な通信が間違って識別され遮断されることがあります。

遮断されたデータパケットはその後、ネットワーク上で失われる形となります。

例えば、セキュリティソフトウェアが特定のポートを不正アクセスと判断して閉じてしまう設定が有効な場合、そのポートを利用する合法的なアプリケーションやサービスも通信できなくなります。

この結果、正当なデータパケットが送信できず、それがネットワーク上で消失してしまう状況が発生します。

同様に、特定のプロトコルが制限されている場合、そのプロトコルを利用する通信も遮断され、データパケットが失われる可能性が高まります。

厳格すぎるセキュリティソフト設定は、正当な通信もブロックすることがあります。

結果として、データがネットワーク上で失われます。

ソフトウェアの問題3

ネットワークドライバの不具合

ネットワークドライバは、デバイスがネットワークと通信する際の中継役です。

このドライバが持つプログラムコードに欠陥があるか、設定が不適切である場合、送受信されるべきデータのフォーマットやタイミングに不具合が生じます。

具体的には、データが適切にパケット化されない、或いは適切な宛先へと送られない場合、通信は不完全となります。

また、このような状況は高いデータ転送速度や多数の接続要求がある環境で顕著に現れる場合が多いです。

最悪のケースではデータパケットは完全に破棄され、それがパケットロスとして顕在化します。

したがって、ドライバの最新版へのアップデートや設定の見直しが必要です。

不具合のあるネットワークドライバは、データの送受信に問題を引き起こしパケットロスにつながることがあります。

ソフトウェアの問題4

オペレーティングシステムの設定

オペレーティングシステム(OS)の内部設定が適切でない場合、ネットワーク通信に障害が生じる可能性があります。

具体的には、Windows、macOS、LinuxなどのOSに内蔵されたファイアウォールが、通常は許可されるべきデータパケットまで遮断するような設定になっていると、通信過程でデータの一部が失われます。

これがパケットロスの一因となることがあります。

この問題を解消するためには、ファイアウォールの設定を適切なものに修正する作業が必要です。

ソフトウェアの問題5

アプリケーションレベルの問題

アプリケーションがネットワーク帯域を過度に占有すると、全体のネットワーク性能に影響が出ます。

このようなアプリケーションが大量のデータ通信を行う場合、動画のストリーミングや大規模なファイル転送といった高帯域を要する作業が主な原因となることが多いです。

帯域の占有が他の通信のパフォーマンスに影響を与え、データパケットが適切に送受信できない状況を引き起こします。

帯域の利用を均等に保つためのアプリケーション設定の見直しや、ネットワーク設定での帯域制限が解決策となることがあります。

サーバー側の問題

サーバーが不安定な状態にある場合、過負荷状態がパケロスの一因となります。

過負荷状態は、サーバーの処理能力が上限に達している状態で、データの流れがスムーズに行われなくなります。

具体的には、サーバーが同時に処理しきれるパケット数に上限があり、上限を超えると処理が遅れます。

処理が遅れると、パケットはサーバーに到達する前に失われたり、タイムアウトとなります。

パケットロスの発生には、ネットワーク機器のキューがいっぱいになってしまう場合もあります。

キューがいっぱいになると、新しいパケットは受け入れられず、既にキューにあるパケットも処理されずに滞留します。

その結果、パケットロスが発生します。

このような状況は、サーバーの処理能力が一時的にまたは持続的に低下している場合に見られます。

過負荷状態を解消するには、サーバーの処理能力を増強するか、アクセス数を制限する必要があります。

それが解消されない限り、パケットロスは継続的に発生するリスクが高まります。

パケロスのよくある質問と回答

ゲーム中のパケットロスはどう対処すればいいですか?

ゲームによってはネットワーク品質を調整するオプションが存在します。

この設定を低くすることで一時的にはパケットロスの影響を軽減することが可能です。

これは一時的な対策であり、最終的にはインターネット接続自体の問題を解決する必要があります。

  • グラフィック品質
    • グラフィックの詳細度を下げることで、ネットワークで送受信するデータ量を減らすことができます。
  • フレームレート制限
    • ゲームのフレームレートを制限して、ネットワーク負荷を軽減する設定もあります。
  • サーバー選択
    • ゲームによっては、接続するサーバーを手動で選ぶことができます。地理的に近いサーバーを選ぶことで、パケットロスを減らすことができる場合があります。
  • データ通信量の制限
    • 一部のゲームでは、ネットワークでのデータ通信量を制限するオプションが提供されています。
  • 優先度設定
    • 一部のゲームでは、ゲームパケットに優先度を設定することができます。他のアプリケーションとの通信よりもゲームの通信が優先されます。
パケットロスの発生している箇所を特定する方法は?

「traceroute」コマンドを使用すると、データパケットが通過する各ルーターでの遅延時間やパケットロスが発生しているかどうかを確認できます。

このコマンドにより、どのネットワーク経路で問題が起きているのか特定できる場合があります。

パケットロスとTCP/UDPにはどのような違いがありますか?

TCPは「確認応答」を用いて、送信データが確実に相手に届いたかを確認します。

もしパケットロスが発生した場合、TCPはそのパケットを再送します。

一方で、UDPは「確認応答」を行わないので、一度パケットロスが発生するとそのデータは永遠に失われます

この違いが、リアルタイム性が要求されるアプリケーション(例:VoIP)や、確実なデータ転送が必要なアプリケーション(例:Webブラウジング)で、TCPとUDPが使い分けられる理由です。

シェアしてね!
目次